乳管を開通させ母乳の出を良くする術

IMG_1866

幸せそうに母乳を飲んでくれる姿はなんとも言えないです・・・^^

 

乳管開通すれば母乳の出は良くなる?
乳管開通しにくかったわたしでも、1ヵ月で完全母乳育児ができました。

 

「安○先生、母乳育児がしたいです(涙)」
わたしね、初乳すらろくに出ませんでした・・・
産後しばらくは、こんな気持ちがずっと続いて、本当に本当に・・・辛かったです。

 

でもね、初産だと本当に母乳って出にくい傾向があるんです。
だって、何もかもが初めて尽くし。

そりゃ、乳腺は開通しにくいし、乳頭は柔らかくないから切れやすい。
そして、乳管も細くて詰まりやすい。

おっぱいトラブルを抱えやすくて当然、母乳の出なんて悪くて当然

 

・・・当然なんだけれど、必死すぎてわからないし、誰もそんなこと言ってくれないし(そんなことないですか?)
まわりに母乳の出が良い人がいたら、余計に凹むし。

 

だから、母乳が中々出ないけど、母乳育児がしたい!
そんなママの気持ちは、痛い程わかります。

 

でもね、「母乳が出ない」「母乳の出を良くしたい」って焦ったり、必死になりすぎると、そのストレスでかえって母乳の出は悪くなるだけなんです。

 

母乳の出が良くなるのには、相応の時間が掛かります。

だからまずは、今日よりも明日、明日よりも明後日、ほんの少し(母乳の量が1mm増えるだけでも、本当に立派ですよ!)母乳の出が良くなるように、出来る事を続けてみてください。

 

ここでは、初乳すら出なかったわたしが、3つのことを3週間続けるだけで、母乳パッドにしたたり落ちるまでに、母乳の出が良くなった方法について説明しています。

 

大丈夫です。母乳の出を良くしたい!と思って奮闘しているママは、あなただけじゃないです。

 

わたしも、産後鬱一歩手前になるまでとにかく自分の身体を張って、奮闘しました・・・

✔ 完全母乳育児のために読んだ母乳育児本:50冊以上(妊娠中から完全母乳育児になるまで)

✔ 完全母乳育児のために読んだ報告書:101枚(厚生労働省発ガイドライン含)

✔ 完全母乳育児のために通った助産院:3院(妊娠中2院、産後1院)

・・・どんだけ母乳出したかったねん(^^;
でもこの試行錯誤があったおかげで、わたしは「母乳を出すには、たった3つのことを続けるだけで良い!」と胸を張って言えますし、卒乳までの約2年間、完全母乳育児を楽しめました。

そんな初乳すら出ない+ぶきっちょなわたしでもできた、3つのこと。
是非試してみてください。

 

母乳の出を良くするには、乳管開通マッサージ、頻回授乳、こまめな水分補給、この3つでOK!

finger

完全母乳育児がしたい!

そう思っていたわたしは、母乳育児が出来るまでとことん!自分の身体を張って試行錯誤しました。

よくありますよね、「母乳の出を良くする秘訣!」的なこと。
本当に、まあいろいろなことが書かれています。

一通り、やりました。

 

「わかってるねん、一通りやってみたわ!でも出えへん言うてるやろ!」
何度突っ込んだことか・・・

 

意識しすぎて、心身共にボロボロ。産後鬱一歩手前状態・・・(
でもね、実際自分の身体を使ってわかったんですが、結局は「続けないと意味がない」んですよね。

そう、最低1ヶ月は!

 

厚生労働省の調査でも、はっきりわかってます。
「生後1ヶ月で母乳が出ないと、約7割の産婦が母乳育児を諦めるって。
国も認める潔さ(なにそれ)。
生後3ヶ月って、まだまだ母乳育児が出来ますよ。

なんて勿体ない。

 

だから、完全母乳育児にしたい!と思ったら、「最低1ヶ月は続けられること」をしないといけないんです。

 

あなたは、どんなことを続けていますか?

続けようと思っていますか?

 

わたしは、自慢じゃないですが・・・
母乳育児に良いと言われる、ほとんどのことが続きませんでした
いやほんと、母乳育児を目指すって大変。

 

baby2

 

✔ よく寝る
わたし→そんな余裕ない。
実際、仮眠とかちょっと布団にゴロンだけでも良いんです。
「母乳は寝ている間につくられる」て、良く言いますが、そりゃあ、夜中の眠い時間帯は、催乳ホルモンが活発に分泌されて母乳がつくられていますよ。
どのみち、午後から夕方にかけては母乳の出は悪くなります。
無理に眠らなくても、疲れない程度に身体を休めるくらいで良いんです。

 

✔ お風呂につかる
わたし→そんな余裕ない。
「身体を温めるためにお風呂に入りましょう」て、面倒くさいときもある。
そんなときは、無理に入らなくても良いんです。
湯たんぽを足やお腹にあてて、テレビ見ながらのんびりリラックス、でも良いんです。

 

✔ 甘いものを控える
わたし→そんな余裕ない。
甘党のお菓子大好きなわたしには、拷問でしかありませんでした。
とりあえずは、生クリームとスナック菓子一袋全部!と言うのだけは控えてました。
チョコはふつうに食べてました。

「ちょっと食べすぎた(反省)」と思ったら、
水分を多めにとって中和させてました。
それくらいで良いんです。

 

✔ ストレスをためない
わたし→それが十分ストレス。
「授乳中だから」
て、いろいろ制約があること自体ストレス。
もう、いちいち言わないでください。
ほっといてください。
そう思ってて良いんです。

 

✔ 和食中心の食事
わたし→面倒くさい。
バランスの良い食事・・・って、献立考えて、作って食べて片づけて・・・
これ以上、仕事増やしたくない!!!
そんな時は、白米に野菜を適当に入れたお味噌汁、これで十分です。
ルクエの蒸し野菜にポン酢でも、良いんです。

 

✔ 水分を多く取る
わたし→助産師さんにも言われたし、これくらいは頑張ってみようかな。
でも、こまめな水分補給は苦手・・・
じゃあ、授乳前にコップ一杯。
授乳の回数を増やせば、結構な水分量になるし、水分を多く取れば、血液がサラサラになるし、お手洗いの回数も増えて一緒に不要物が排出されるし、いいかな。
それで良いんです。

 

他にも、母乳のためにするべきことって、たくさんあります。
でも、わたしが続けられたのは3つだけ・・・

 

1.頻回授乳
2.乳管開通マッサージ
3.こまめな水分補給

 

でもね、「それで良い」って赤松さん(助産師歴60年のベテランおばあちゃん)は、言ってくれました
だから他のことはあまり意識しませんでした。

だって、余計にストレス・・・これ以上、何をどうしろと言うの。

 

でも、だからこそ。
身体を張って、試行錯誤したからこそ、わたしは声を大にして言いたい。

 

母乳育児にするためには、この3つ。頻回授乳、乳管開通マッサージ、頻回授乳、を1ヶ月(最低3週間)続けるだけで良い!って。

 

 

だって、この3つを約3週間続けた結果、初乳すらろくに出なかった、わたしのおっぱいは、母乳パッドにしたたり落ちるまでに母乳の出が良くなったから。

 

本当に、究極のトリプルコンビネーションだと思います。

 

何故「乳管開通マッサージ」「頻回授乳」「こまめな水分補給」なのか?その理由を説明します。

baby9

何故、「頻回授乳」「乳管開通マッサージ」「こまめな水分補給」かと言うと、

 

乳管開通マッサージで乳管を開通させ、頻回授乳で催乳・排乳作用を増加させ、こまめな水分補給で、つくられる母乳の量を増やすため、です。

 

それぞれ、説明しましょう。

 

乳管開通マッサージで母乳の出口を確保

 

母乳の出を良くするには、乳腺開通マッサージが良いと聞きますが、乳管開通マッサージ=乳腺を開通させ、母乳の出口を確保するため、です。

つまり、母乳の出を良くする上では当然に「必要」なことであって、「良い」とか言うレベルではないんです。
大前提。だって、母乳の出口がふさがっていたら、出るものも出ないじゃないですか。
まずは、出口確保です。

 

・・・え、あんたの乳腺開通マッサージ方法が悪かったんとちがう?
いや、そんなことないと思います(たぶん)。

だって、赤松さん(助産師歴60年のベテランおばあちゃん)に教えてもらった方法ですから。

 

<わたしの乳管開通マッサージ方法>

 

1. マッサージするおっぱいと反対の手で、おっぱいを下から持ち上げ、
ゆっくり上下左右にゆすります。
(付け根からおっぱいをはがすイメージ)

2. 乳首をねじる、ひねる等して乳頭を赤ちゃんが飲みやすいように柔らかくします。
すぐには柔らかくなりません。
繰り返し行い、耳たぶくらいに柔らかくしてみてください。

3. 反対側の手(親指、人差し指、中指)で乳頭から乳輪より少し外側の部分をつまむようにし、そのまま指を乳頭の方へ滑らせます。
(乳輪の下には、乳管洞があり、作られたおっぱいが溜まっています。
ここを圧迫して刺激することで、母乳が押し出されるようになっています。
授乳するときは、乳輪部分から大きく赤ちゃんの口に含ませてあげてください。
いうなれば、ドナルドダックの口!)

IMG_1996

↑この口が理想

4. 乳頭の先を開いて、白いカス(乳カス)が出てくれば取り除いてください。
(無理には取り除かない)

5. 1-4を片方最低2-3回繰り返します。慣れてきたら、片方5分くらいに時間をのばします。

 

初めは、出なくてもどかしいと思います。
でも、最低3週間は根気よく続けてください

 

しばらくして、母乳が出始めると「もったいない・・・」と思って、マッサージするのを戸惑ってしまうかもしれません。
でも、それは「溜まっている母乳」で「つくられている母乳」とは異なります

おっぱいは刺激されることで「もっと母乳をつくらなきゃ!」と、たくさん母乳をつくるようになります。
だから、安心してマッサージを続けてください

 

そして乳腺開通マッサージ後は、出来るだけ授乳を心がけてください。
左右交互に5分ずつ×2.3回、計20分くらいが目安です。

ちなみに、「1日何回、乳腺開通マッサージをしないといけない」と言うものではないです。
わたしは入浴中や気が向いたときにしてましたが・・・回数で言うと1日5、6回くらい。

 

頻回授乳で、催乳・排乳を促す

 

出口確保と同時に、しなければいけないのが、おっぱいメンテナンス。
頻回授乳で、催乳・排乳効果を促していきます

頻回授乳=催乳・排乳効果のホルモン分泌量を増やすため、です。

おっぱいを吸ってもらう回数が多ければ多いほど、このホルモン分泌量は増えます。

 

ちなみに、「頻回授乳=1日最低8回、4時間以上空けない」とよく聞きますが、あれは、幾分母乳が出始めている人に対するものです。

母乳の出が悪い人に、具体的な授乳回数、正しい授乳回数なんてありません。
それは赤ちゃんが教えてくれます。

 

「お腹がすいた」赤ちゃんのサイン

✔ 赤ちゃんがもぞもぞしはじめた

✔ 落ち着きがなくなってきた

✔ 手や指を口に持って行くようになった

 

赤ちゃんの様子を見て、「ん?」と思ったら、都度あげてください。
わたしは、母乳育児になるまで、多い日の授乳回数は20回を超えていました。

 

✔ 赤ちゃんの様子見ただけじゃわからない
✔ しんどいから、授乳回数増やしたくない
ごもっとも。

だったら、昼間の授乳回数を一般的に言われる「4時間空けずに、最低8回」を最低ベースとして、出来る限り、夜中の授乳の回数を増やすようにしてみてください(今してる授乳回数+1)。
夜中は、ホルモンの分泌量が最も盛んです。この時間帯を上手く活用しましょう。

 

✔ 赤ちゃんが眠ってて可哀想
ごもっとも。

でも大丈夫。
意外と寝ぼけながらにも、おっぱいはくわえてくれますよ。

 

✔ おっぱいが切れて痛いから、授乳したくない
ごもっとも。

でもね、おっぱいが切れて痛いのは、あなただけじゃないです。
むしろ、「切れない方がおかしい」
授乳中以外は、赤ちゃんが口にいれても大丈夫な軟膏を塗って、ラップをして保湿してみてください。多少、マシになります。

 

✔ おっぱい張ってないのに授乳の意味がわからない
ごもっとも。

でもね、おっぱいが張ってなくても、母乳はつくられてます!
繰り返しになりますが、おっぱいを吸ってもらう回数が多ければ多いほど、このホルモン分泌量は増えます。
つくられている量が少ないだけで、ちゃんと母乳はつくられてるんです。

 

だったら、母乳のつくられる量を増やしてみましょう。

 

そうです。母乳の出る量じゃなくて、体内で「つくられる」母乳の量を増やすんです。

乳管開通マッサージと頻回授乳で、出口確保と催乳・排乳作用が軌道に乗ってきたら、こっちのもの。
後は、体内で作られる母乳の量をコントロールするだけです。

これで赤ちゃんに飲ませてあげられる母乳の量は増えます。

 

こまめな水分補給で母乳をつくる!

 

mom&baby

乳腺開通マッサージも頻回授乳もしてるし、これで母乳がたくさん出るハズ!

・・・いやいや、ちょっと待って。

 

「おっぱいが良い感じに張ってる!」と思って、2.3分授乳したら、ふにゃふにゃなおっぱいになりませんか?
それは、排乳されるのが「溜まっている母乳」で「つくられている母乳」ではないからです。
(しつこいようですが、母乳はしっかりつくられていますよ!つくられている母乳の量が少ないんです)

 

母乳育児って、赤ちゃんが欲しいと思うときに、欲しいと思うだけ母乳が出る状態、ですよね。

 

だとしたら、排乳されるべき量と同じだけの母乳が、ママの体内でつくられていないといけないですよね。

 

つくりましょう!!!
大丈夫です。つくれます。

母乳の90%以上は血液で出来ているので、こまめな水分補給で、血流改善(身体を温め血液をサラサラに)することでつくれます。

しかも良質の母乳が!

 

・・・とはいえ、むやみやたらと水分補給するのはNGです。
大事なのは、続けることですから。
極力手間暇かけず、飲み続けられる飲み物と飲み方が大事です。

 

余談ですが、わたしは夏に出産したので、ただ、水分補給すればいい!って、ここぞとばかりに何も考えずに麦茶をガブ飲みしてました。

これ、完全アウトです。やっちゃダメです。

 

一気に水分補給することで、身体も冷えますし、飲んでいるのが麦茶って、更に身体を冷やします。
ホントこれ止めてたら、もっと早く母乳が出てたかもしれないです・・・。

飲むべきは、身体を温めて、血流を良くする飲み物です。

 

赤松さんに上のことを話たら、「あかんねぇ(笑)」て失笑されました・・・。
(いや、もっと早く教えて)

 

 

授乳前に飲みたい、たんぽぽ茶。血流改善と催乳効果にすぐれ、乳管開通にも効果的。

c22118036666b452b72db11003870832_m

そんな赤松さんには、「たんぽぽ茶が良い」って教わりました。
助産師の間では、妊産婦に最適なお茶として有名で、おススメの飲み物だそうです。

血流改善効果だけでなく、授乳中のママにも嬉しい効能があるんですね。
・・・もっと早く聞いとけばよかった。

 

<たんぽぽ茶の効能>

✔ 催乳効果がある
✔ 身体を温める
✔ 新陳代謝を促進させる
✔ ホルモンバランスを調整する
✔ カルシウム、鉄分、ミネラルが豊富

 

このたんぽぽ茶を授乳前にコップ1杯飲むと、

・授乳中に母乳として失われる水分量がセーブされる
・身体を温める効果で、水分補給をしても体が冷えない

と言うことで、血流改善につながり、催乳効果もあるので、飲み続けると母乳に変化が出て来るんだそう。

 

まあ確かに、1日20回くらい授乳をしてたら、(少なくとも)コップ一杯100ml×20=2,000ml。
なんだかんだで成人1日に必要な1.5ℓを優に超えますよね。

しかも、単なる水分補給でなくて、血流改善と催乳効果があるものを効率的に飲んでるんだから。
うん。これだけ飲んでたら、つくられる母乳も増えるしかしないです。

サラサラで良質な母乳!

 

たんぽぽ茶ってイメージから漢方的な苦味のある味か・・・と思いきや、
わたしが飲んでいたのは麦茶みたいで飲みやすいものでした。
そして麦茶と同じように水出しも出来て、手間がかからないから、面倒くさくなくて続けやすい。

 

乳腺開通マッサージと頻回授乳を並行していたのもありますが、たんぽぽ茶を飲み始めてからは、約2週間で、おっぱいと母乳の出に変化が出てきましたよ。

わたしの飲んでいたたんぽぽ茶はコチラです

 

頻回授乳、乳腺開通マッサージ、こまめな水分補給を3週間続けた結果・・・わたしは2年間、とことん母乳育児を楽しむことができました。

 

IMG_2047

こんなかわいい顔を見せてくれるのは、この時期だけです(涙)
後は本当にミニギャング!
(可愛いんですけどね、母乳育児以上に手間がかかるようになります)

 

初乳すらろくに出なかったわたしですが、試行錯誤の結果、母乳パットにぽたぽたとしたたり落ちるくらいまで、母乳が出るようになりました。

 

大事なのは、たった3つだけです。

✔ 乳管開通マッサージ
✔ 頻回授乳
✔ こまめな水分補給

そして

注意するべきは、2つ。

✔ それを続けること
✔ 身体を冷やす飲み物を飲まないこと

 

もしあなたが「母乳の出を良くしたい」と思っていたら、少なくとも3週間(できれば1ヶ月)はこの3つのことを、続けてみてください。

続けなくて、続かなくて「母乳が出ない・・・」と言われても、それは当然です。
ひとの身体って、そう簡単に変わらないです。
(ダイエットだって、キレイに痩せようと思ったら、時間が掛かるじゃないですか)

 

そしてもう一つ、わたしみたいに、麦茶をガブ飲みは絶対やめましょう!
身体を冷やすだけです。
母乳の出は良くなりません。

麦茶じゃなくて、たんぽぽ茶飲んでたら・・・
もっと早く母乳育児が出来てた!って、いまだに後悔してます(ほんとバカ)

 

ちなみに、わたしはティーライフのノンカフェインたんぽぽ茶ブレンドを飲んでいました。

IMG_0480

・完全無添加なので、直接赤ちゃんが口にしても大丈夫なくらい、やさしいお茶なこと(意外と神経質なんです)

・お試しセットで返品・返金可能、かつコスパが優秀なこと(一応大阪人なんで、締めるとこ締めます)

・たま・ひよに載ってたので信憑性があったこと(結構飲んでる人多かったので、効果も期待出来そうで)

なかなか優秀でした。

 

こまめな水分補給の飲み物としては、ティーライフのノンカフェインたんぽぽ茶ブレンドがおススメです。
(今だけ、限定10日間お試しセットが730円。安くないですか・・・え?思うのはわたしだけ?)

 

母乳の出を良くしたいママに是非飲んでほしいです。2週間後、何かしら母乳の出に変化が出て来ると思います。

 

母乳育児って本当に大変だけど、本当に素敵な経験になりますよ。
今しか味わえない赤ちゃんとの貴重な時間。
たくさん母乳をあげて、心身共に元気な赤ちゃんに育ててあげてください^^
(ただし、ママが疲れてしまったら元も子もないので、ママの負担にならない程度に)

わたしは、あなたの母乳育児を応援しています!

 

わたしの飲んでいたたんぽぽ茶はコチラです▼

Image

⇒母乳の出る量を増やすために、たんぽぽ茶を飲んでみる

記事が良かったらシェアしてもらえると嬉しいです^^