【完全母乳はいつから?】完全母乳になるまでを、産後日記で振り返る

完全母乳のなるのはいつから?
出産当日から完全母乳になるまでを、当時の産後日記をもとに振り返ってみました。

 

このページでは、出産直後から、わたしが完全母乳育児に至るまでのおっぱいの経緯を、当時の日記をもとに書き起こしています。
そして完全母乳育児を終えた、今だからわかることを追記しています。

あくまで一個人の変化ですが、「完全母乳にしたい」と思うママの参考になれば嬉しいです^^

Attachment-1

※ わたしは授乳回数を記録するために日記をつけていましたが、記録するより、もっと赤ちゃんと向き合って、授乳することをおすすめします(^^;

数字ばっかり気にして、自暴自棄になっちゃいますから・・・(失笑)

 

完全母乳って出産直後から?いつから?(出産直後から、産後7日)

・・・そりゃ出ないよ。授乳回数全く足りないよ。と思わせるくらいの授乳回数(特に夜中~明け方)

 

【出産日】

分娩後すぐにカンガルーケア、そのまま授乳(おっぱいを咥えてもらう)。

夕方の出産だったため、その3時間後に、もう一度、おっぱいをくわえてもらう。
※産後すぐの直接授乳が好ましいです。
出産してから24時間以内に、どれだけ多く、赤ちゃんに吸わせたか(時間ではなく、回数です。出来れば1日10回以上が好ましいです)が大事です。

 

【1日目】

まったくおっぱいが張る気配なし。

初乳もほとんど・・・出ない。
「授乳」のすべてがわからず、ぎこちないやり方で、助産師さんに助けてもらいながら授乳。
(分娩時の出血と体力消耗がひどく、寝たきり状態だったので、母体の体力回復優先で1日6回くらいしか授乳出来ず)

 

【2日目】

まだ一日中寝たきり状態。

おっぱいが少し張ってくる。が、張ると言うより、詰まっていて変な感じ。
乳頭に違和感を感じ始める。
母乳は変わらず出ない。

 

【3日目】

半寝たきり状態に。でも授乳室まで歩けない。

おっぱいがカチカチに張り、熱を持っている感じ。
助産師さんにマッサージをしてもらうと、哺乳瓶に2mlくらいの母乳。

違和感を感じていた乳頭がついに切れはじめたので、ランシノーのラップパックで痛みを乗り切る。

無理のない範囲で授乳(どうしても痛いときは、搾乳した母乳を飲ませる)

 

【4日目】

やっと歩けるようになったので、初めて授乳室で授乳。

数時間授乳しないと、おっぱいがカチカチに張る。
が、1回の授乳で3ml出てるか?出てない?わからないくらい。

出てるのか、少しでも授乳すると楽になる感じ。
※乳腺が開通していれば、このくらいでコンスタントに母乳が出るママもいるそうです。
(授乳室で母乳がいっぱい出るママさん見ても凹んじゃダメですよ!)

 

【5日目】

ミルクと母乳の混合で退院。

おっぱいは変わらず、授乳しないと張る。でも、授乳すると少し楽になる。

退院前に、再度乳腺開通マッサージをしてもらい、さらにやり方のレクチャーを受ける。
マッサージと同時に頻回授乳と水分補給をするのがベターと教わる。
※退院前に、母乳かミルクか、混合か・・・が決まってくるママが多いと思います。
(この時点で完全ミルクでも母乳にすることはまだまだ可能です!)

 

完全母乳にしたい度:☆☆☆☆☆(とにかく絶対に完全母乳にするぞ!)

 

完全母乳にしたいなら、ここを改善するべき!今だからわかる、この時期に反省するべき点。

 

✔ 1回の授乳時間が30-60分

✔ 赤ちゃんが寝ていたらそのまま寝かせて授乳せず

✔ 1日の授乳回数は8回くらい


✔ おっぱいが張って痛くなったら授乳もしくは搾乳


✔ 水分補給がまったくできていない

 

この時期は、母乳育児に関して何もわかっていない(涙)

この状況、これじゃあ、「母乳が出なくてもいいや」と言っているようなもんです。

乳腺開通マッサージもできていないし、まったくもって授乳回数が足りていないし、授乳時間も長すぎる(片乳5分ずつ×2くらい、長くても20分までが理想)

そして、おっぱいが張ってから(母乳が乳房内に溜まってから)授乳していましたが、おっぱいは張っていなくても、常に刺激を与える(催乳ホルモンを促し、乳腺を開通させる)ために、赤ちゃんに吸わせておくべきでした。

 

カチカチに張ったおっぱいは、出口を求めています!

水分補給も出来ていない。
食事と気が向いたら・・・と、いう感じ。
飲んでいたのも麦茶だったので(麦茶は身体を冷やします)、これもNG。

この時期、本当になにもわかっていなかったんだなあと、ぞっとします。

そりゃ、母乳出ないよわけだよ

 

この時期から、完全母乳にするための3つのこと(乳腺開通マッサージ、頻回授乳、こまめな水分補給)を意識して始めていたら、もっと早くに完全母乳にできたかもしれない・・・

 

 

完全母乳ってなに?授乳って何分?間隔は?なにもかもわからない
(退院日~産後12日目)

・・・とにかく必死になりすぎて、子どもの鼻、ぺちゃんこ。これじゃあだめ(^^;

 

【6日目】

おっぱいの状態はあまり変わらず。
数時間授乳しないと、おっぱいは張ってくる。

退院して初日なので、すべてのことにあたふた・・・

 

【7日目】

午前中の母乳外来で、母乳育児をしたいなら、ミルクの量を減らし、もっと授乳回数を増やすべき、と指摘される。

母乳マッサージの方法と頻回授乳の大切さを教えてもらい、実践。

わけのわからないまま、授乳回数を増やすべく、午前中だけ、1回に飲むミルクの量を5ml減らす。

 

【8日目】

昨日言われたとおり、とにかく、授乳!と心がけるも、まったく空回り状態で、赤ちゃんが泣くことが増える。
授乳回数、授乳時間がバラバラで頭がパニック・・・

「ミルクは腹持ちが良いから、次の授乳までに時間があく」ことに気付く。

産院の母乳外来は遠いので、自宅近くの助産院を探し、そこで赤松さんに出会う

赤松さんに、一から十まで、母乳育児についてレクチャーを受ける。

とにかく気軽に始められて母乳に効果があるからから・・・と、まず麦茶を飲むのを止め、食前にたんぽぽ茶を飲むことをすすめられ飲み始める。

 

【10日目】

午前中のミルクの量を思い切って7.5-10ml減らし始める。

授乳回数は気にせず、とにかく、赤ちゃんの様子を見て授乳。
(夜間は必ず授乳するも、昼間は身体を休めたいから、無理のない程度・・・とはいえ気付けば過去最高の授乳回数15回)

赤松さんに、乳腺開通マッサージの相談。
そして暇を見つけては、乳腺開通マッサージに励むようにする。

 

【12日目】

母乳母乳!と一生懸命になりすぎるのか、「イライラしているママからもらう母乳より、ニコニコしながらもらうミルクのほうがよっぽどいい」と、夫に言われ悩む。

 

完全母乳にしたい度:☆(完全母乳って何?よくわからない・・・つらい)

↑この辛い時期を乗り越えたら、こんな可愛い笑顔で母乳を飲んでくれるよ!って・・・誰か教えて欲しかった。

 

退院してから、ネットが自由に使えるようになったので、それから自分なりに情報収集を始めました。

ネットでは信憑性に欠けるものもあるので、厚生労働省の母乳育児のガイドラインや海外の学術研究者が出している母乳育児に関する論文(和訳付き)を片っ端から読み漁りました・・・

この時期、赤松さんに出会えたことは一番の財産です。

赤松さんに言われたことを着実に実践していたら、ゆっくりと、でも確実に母乳の出に変化が出てくるようになりました。

 

この期間に変わったこと

 

✔ 時間を見つけては、乳腺開通マッサージをするように

✔ ミルクの量を減らし、授乳回数を増やす(1日20回以上)

✔ 授乳前にホットか常温のたんぽぽ茶を飲む(水分補給量を増やす)

✔ ミルク缶のミルク量を気にしない


✔ 母乳育児に対してリラックスして前向きに考える

 

まず、時間と余裕を見つけては、乳管開通マッサージをするように心がけました(とにかく母乳の出口を確保

そして頻回授乳を心がけ、母乳の出やすい午前中に1回のミルクの量を少しずつ減らすことを始めました。

1日の授乳回数を決めず、とにかく赤ちゃんが泣いたり、口に指を持って行って吸うようであれば、おっぱいを咥えさせるようにし、吸うようであればそれぞれのおっぱい5分×2回、授乳するようにしました。

とは言え、最初からうまく行くはずなんてありません。
「さっきもあげたけど・・・もう、おっぱい張ってないのに(涙)」

「なんでこんなに泣くのか・・・わからない(涙)こっちが泣きたいよ・・・」

 

なかなか思うように母乳が出ないのと、入院中のように、母乳で困ったらすぐ助産師さん!というわけにはいかないので、頭の中が、母乳の悩みでいっぱいになりました。

もうパニック(失笑)

正直、何度か「もう・・・ミルクでもいいかなあ」とも思ったり。

赤松さんと相談しながら、自分の身体と相談しながら、赤ちゃんの様子をみながら、試行錯誤しながら・・・
(母乳育児でいちばん辛かったです(^^;))

 

躍起になっていたのか、赤松さんに言われたこともあり、この頃からミルク缶に書いてあるミルク量を全く気にしなくなりました。

 

「赤ちゃんと自分のペースでやっていけばいいや」と思い出したことも大きいです。

 

そして赤松さんにすすめられ、食事前と授乳前(出来れば乳腺開通マッサージ前も)に、コップ一杯のたんぽぽ茶を飲むことを習慣化していきました。

 

 

血流改善、催乳効果、リフレッシュ効果(毒素排出効果)など、赤松さんのおススメと言われれば・・・と半ば渋々飲み始めたたんぽぽ茶ですが(^^;

助産師さんが妊産婦におすすめするだけあって、母乳の出が良くなるというよりも、わたしの場合リフレッシュ効果も大きかったです。

 

まずは「母乳の出よりも、母乳育児に対して前向きになれること」そんなことを、お茶に教わった気がします。

侮れない、たんぽぽ茶・・・と思ったら、産後のホルモンバランス調整効果もあるみたいですね。

 

ちなみに、わたしは赤松さんと相談してティーライフ】たんぽぽ茶を飲んでいました。

 

この時期、夫に言われたひとことではっとさせられ、「大丈夫!そのうちきっと出る!」と、自分にも赤ちゃんにも言い聞かせ、出来るだけ悩まず、前向きでいられるようになりました。

母乳が思うように出ないと落ち込んだり凹んだり・・・いろいろありますけど、「前向き」でいることってとても大事です!

 

 

完全母乳育児ってどうやるの?こうすればいいかな?がやっとわかった
(産後14日目~産後20日目)

↑これが母乳がたくさん出る理想の口。子どももわたしも、やっと授乳に慣れてくる。

【14日目】

「とにかく授乳(頻回授乳)」の意味がなんとなくわかるようになる。

午前中は、ミルクを足さなくても、母乳だけでいけてる?以前に比べて母乳が出ているのかな?と感じる。

午後のミルクの量を5mlずつ減らし始める。
1日のミルク量が合計60-80mlくらい減っている感じ。

赤松さんにこのままで良いのか相談すると、「とにかく今やっていることを続けなさい」とのこと。

✔ 頻回授乳
✔ 乳腺開通マッサージ
✔ 水分補給(たんぽぽ茶を飲む)

をひたすら繰り返す毎日・・・

 

【17日目】

しつこいくらいに、赤松さんを頼って母乳相談(^^;

 

【19日目】

右乳で授乳をしていると、左乳につーんという感覚がし、母乳がじんわりとにじみ始める。
「こういう授乳スタイルが自分には合ってるな」と、自分の授乳スタイルがわかった日。

午後のミルクの回数を1/2回に減らしてみる。
※この日、溜まり乳から差し乳に変わったと思います。
この日を境に、かなり母乳が出てるかな?と言うなんとなくの感覚が、自分の中でわかるようになり、以前よりも、授乳が楽に感じた日でもありました。

 

【20日目】

授乳していない方のおっぱいから、母乳がにじみ出て、しばらくするとぽたっ・・・と落ち始める!

 

完全母乳にしたい度:☆☆☆(自分らしい完全母乳育児を心がけよう)

わたしの授乳スタイルって、こんな感じなんだ!?と「なんとなく」の感覚がようやくわかり始めました。

 

ただ・・・この「なんとなく」の感覚をつかむまでが、本当に辛かった・・・

いろいろな育児書には、「〇〇をしたら良い」と書いてありますが、それまでの苦労なんて書かれてない。

どんなことを、どれくらい頑張ったら、わたしの母乳は出るようになるの!?

これが知りたいのに、自分の身体は自分が一番よくわかってるのに、一番わからなかった。

とにかくもどかしかった。

とにかくなんとかしたかった。

だから、とにかく根性でなんとか続けてきた・・・
そして、やっと「こうすれば母乳が出るようになる!」感覚をつかめた・・・

わたしは人一倍不器用で、要領が悪いので、・・・とにかく「コツ」をつかむのには回数をこなさないといけなかった(^^;(体育会系か!)

でもね、・・・無理はしない方が良いですよ。

 

 

わたしなりの完全母乳育児で、完全母乳育児を楽しもう。
(産後21日目~)

【22日目】

ママの1ヶ月検診(と、母乳外来)母乳の量が90ml!混合から母乳育児にしてもOKと言われる!

助産師さんから、「完全母乳にしてOK」と有難いお言葉!

これでわたしも・・・!と言いたいのですが、実際は、なんだか信じられないのと、まだ不安があったので、ミルク缶は自宅にこっそりと隠して置いておきました(^^;

でも、実際はミルクがなくても母乳のみでOKだったのかな?とも思います。

 

そして、産後1ヶ月を過ぎるころには、完全にミルクを足すこともなくなり、いわゆる「完全母乳育児」に移行することが出来ました(T_T)感涙

 

完全母乳育児はいつから?わたしの場合、産後約1ヶ月で完全母乳にすることが出来ました。

 

このようにして、わたしは産後約3週間で、ミルクほぼなしの母乳育児が出来るようになりました。

小さな小さな変化が、気づかないうちに積み重なってのことだと思いますが、わたしの一番大きな変化は19日目の、授乳時のつーんという感覚だと思います。

頻回授乳とたんぽぽ茶を飲み続けて約2週間目のことでした。

頻回授乳だけでも効果はあったかもしれませんが、わたしの場合は、水分補給が苦手だったのと、授乳前にたんぽぽ茶を飲むことで、気分がほっとすることが多かったので、血流が良くなったことと、リラックスしながら授乳できたことも大きいと思います^^

母乳がでなくて中々しんどい時期もありました。

自暴自棄になるときもありました。

でも、母乳がほんのかすかに、じんわーりにじみ出てきたり、おっぱいが張ったりするたびに、少しでも母乳の出が良くなって来てる!と、思って嬉しくなって、そのたびに授乳が楽になりました。

 

母乳が出なくて・・・と悩まれていたら、是非授乳前のたんぽぽ茶で水分補給とリラックスしてみてください^^

催乳効果もあるので、続けると母乳の量が増える、良い流れが出来てくると思います。
>>>わたしが愛飲していたたんぽぽ茶はこちらです。

Image

 

完全母乳育児って、思うようにいかないので大変なこともあります。

でもね、とても素敵な体験で、すごく貴重な思い出になりますよ。

わたしはあなたの母乳育児を応援しています!

記事が良かったらシェアしてもらえると嬉しいです^^