完全母乳育児をしていると、家事が出来ない!と悩むママへ

完全母乳育児をしていると、家事の時間って無くないですか?

 

・・・え?そんなことないですか?
わたしは、自分が不器用だからもう、本当に、何度もちゃぶ台をひっくり返して言いたかった。

子育て中のママ、負担掛かりすぎやねん!
特に、完全母乳育児をしていると、頻回授乳の間にどうやって家事をしたらいいのか・・・

 

朝起きて、家族の朝食準備して、朝ごはん食べて、後片付け、授乳して、おむつかえて、お腹がすいてきたからちょっとおやつをつまみ食い。

そうこうしてると、赤ちゃんがぐずってくるから、また授乳して、おむつかえて、あっという間にお昼ごはんの時間で、昼食作って、食べて、あ、洗濯しなきゃ・・・って、またぐずってくるから、授乳して、おむつかえて、掃除もしなきゃ!って、夕食の準備しながら、また授乳して、おむつかえて・・・
夕食食べて、

(以下略)

あぁ!もう・・・なんやねん(涙)

 

一日に掛かる家事時間の平均は204分。完全母乳育児をしながら、204分も家事に時間を割く現実。

統計局に以下のようなデータがあります。

一日に掛かる家事時間の平均は204分。
※専業主婦の統計でみています。

各家事項目で、その時間を見てみると

1.料理:約92.3分
2.掃除:約27分
3.洗濯:約64.3分
4.その他:20.4分

 

興味深いのが、大半の人が「家事時間を減らしたい」と思っているということ。
その割合、全体の7割。

 

この数字をみて、「・・・やっぱり、負担かかりすぎやねん!」と一人突っ込んだわたしです。

完全母乳で育てているママは、主婦業(家事)だけでなく、プラス赤ちゃんのお世話もしています。

本当に、一日が本当にあっという間に終わってしまいます。

 

母乳の出を悪くする理由の一つに、「ストレスをためない」ってありますが、完全母乳で授乳しながら、これ全部自分がやっていると思うと、本当に母体に負担掛かりすぎ。

ストレスをためない方が、無理でしょ。どうしろと?

母乳の出が、悪くなるのも仕方ない。

 

この家事時間節約出来て、自由な時間が出来たら・・・

布団でゴロゴロしてたい。

ゆっくり雑誌とか読んでみたい。

もっと赤ちゃんに余裕をもって接したい。

何度も何度も思いました。

 

完全母乳育児中は、家事を減らして楽すればいい!と思った私が、実践した4つのこと

 

少しでも自分に余裕が欲しい。ゆっくり家事をする時間が欲しい。

そう思ったわたしは、試行錯誤して本当にいろんなことをしてみました。
例えば、以下の4つ・・・

1.家事代行サービスを依頼して家事負担を減らす

→これ、めちゃくちゃ楽でした!本当に!
・・・ただ、業界最安のところに頼んだんですけど、お金かかるんですよね。

そして「この日この時間!」って中々予約が取れないから、部屋はキレイになるけど、かえってイライラしました。
(担当者が毎回変わるっていうのも、あんまり好きじゃなく。指名するとプラス料金とられますし、市町村のヘルパー制度も利用しましたが、これは安くて良いんですが、民間じゃない分、人によって結構当たりはずれがあるんですよね・・・)

 

2.夫に家事協力の依頼をする

→一番手っ取り早いんですけれどね、仕事で疲れて帰ってきてる夫に、これ以上負担はかけられない、と思ってやめました。

 

3.週末に料理を作り置きして冷凍しておく

→週末、夫がいる時間に3日くらいの食事をまとめて作って、冷凍保存します。
以外にいけるか!?っと思ったんですが、・・・火曜日くらいまでは、良いんですが、そもそも料理がそれほど得意でないから、毎回味が同じようなものだし、嫌気がさしてきちゃうんですよね(^^;
(どんだけ面倒くさがり屋やねんって話ですが)

 

4.時短の出来る家電購入を考える

→かなり効率がよくなる!と思ったのですが・・・
総務省の統計に、「15年前から家事時間の平均はかわらない」ってあったんです。

ルンバとか、ここ5年くらい前にできませんでしたっけ?

・・・15年前って、結構経ってるわりに、時短家電もあてにならないんだな、と思ってあきらめました。
(お金だけかかるのもむなしいし)

我が家は築43年のリフォームマンションに住んでいるので、キッチンに食洗器が設置できませんし・・・

 

結局どないせえっちゅーねん!

 

完全母乳育児期間中、家事負担時間が一番多いのは「料理」!わたしは、料理を放棄しました

 

って言うことで、試行錯誤した結果、上の統計でも、最も時間が掛かっている「料理」に注目し、料理をほぼ放棄することにしました。
(食べることは放棄してません。「料理」と言う家事にかける時間を減らしたんです)

わたしにとって、料理と言うのは中々の苦行でした。
(元々あんまり好きじゃなかったんで、授乳中は余計に・・・)

 

買い物に行って、下ごしらえをして、作って、後片付けをする。
完全母乳育児をしていると、中々自由な時間が取れない分、この一連の流れが、どうしても苦痛でしかなかったんです。

小さい赤ちゃんを連れてお買い物。

買い物に行くまでに、出掛る準備だけで荷物が嵩張るし、出掛けるまでの準備も中々大変です。

そしてやっとの思いで帰ってきても、それから料理を開始するっていうのも、すでにグッタリ・・・

 

だからわたしは、夕食.netにお世話になっています(現在進行形)。

わたしが利用し始めたときは、あまり注目されてなかった(?)のか、最近では、InRedやクローズアップ現代など、「共働き夫婦の時短節約術」的な特集で、よく紹介されるようになりました。

・・・いや、うん。これ、本当に便利なんです。

 

✔ 買い物に行かなくても、自宅まで届けてくれる

✔ 予め食材の皮が剝かれているから、ごみも出ない

✔ カットしてあるから、包丁とかの調理具使わない分、洗い物も楽ちん


✔ なにより添加物や素材など、自社基準で厳しく厳選しているから安心だし、母乳育児をしているママに優しい

 

袋から出して、そのままルクエでチンして、ドレッシング。以上!
・・・とか、ほんとよくやりました。

わたしは、それまで料理に掛かっていた時間が半分以下になりました。
(夕食とか1時間以上かかってたのが、15分くらいになりましたよ)

 

スーパーで総菜買ってくるのって、添加物とか入ってて気がひけるんですが、これ、惣菜じゃないし。野菜だけだから、添加物とか入ってないし。

なんならちゃんとルクエで(一応)調理してるし。ドレッシングもかけてるし。

 

余談ですが、うちの子は、生後半年たってすぐ離乳食を始めたので、うらごし離乳食をつくるときも、かなり楽をさせてもらいました。

離乳食って、野菜の皮を剥いたり、切ったりするだけじゃなく、トロトロのペースト状にしたりして、普段の料理以上に時間が掛かるんです。(しかも、せっかく作っても、気に入らなくて「ぺえ」とか、口から出されて食べないこととか、しょっちゅうです。本当に、料理してた時間を返せって言いたくなります。)

 

今、わたしは時短でワーキングマザーをしているんですが、・・・楽ちんなので、なんというかもう、これなしでは料理する気が起きない(^^;

 

▶わたしが利用している、夕食.netはコチラです。

 

料理時間を減らしたら、赤ちゃんと一緒の時間が増えて、優しくなれました

 

img_1833

後から振り返れば、こんな可愛い時期はホントに一瞬でした・・・(涙)

完全母乳育児で赤ちゃんを育てるって、本当に大変です。

最初は母乳が思うように出なくて、辛いんですが、そんな時期は必死すぎて家事とか気にしないんですが、ちょっと、母乳が出・・・始めたかな?と思うと、急に家事が気になりだすんですよね。

そうこうしていると、あれやこれや気になって、赤ちゃんとの時間を楽しむ余裕がなくなってくる・・・

 

完全母乳育児をしている時間て、いろんなことに一生懸命になっている分、確実に自分では気づかないところで負担が増えてて、振り返る余裕なんてありません。

 

でも、完全母乳で育児をしている時間って、本当に一瞬です。
赤ちゃんとママだけの大事な時間、とことん大事にして欲しいです(わたしは、仕事復帰したので、余計にそう思うんです)。

 

だから、自分の思うように、赤ちゃんとの生活を楽しんでください^^

 

ほんと、今でも「頑張ってたなあ・・・」と思うけれど、完全母乳育児をしているママ、完全母乳育児をしようとしているママ、それだけで十分すごいです。

 

完全母乳育児と家事が辛くてもう無理。挫折しそう・・・と思ったら、思い出してください。

「大阪在住のズボラ主婦が、母乳育児を楽にするために、料理放棄してたわ」って。

 

 

あなたなりの方法で、赤ちゃんとの時間を楽しんでください^^

赤ちゃんとの生活は始まったばかりです。

無理せず、力を抜いて、楽しながら(「楽する」これ一番大事です)意外と母乳の出にもつながりますよ。

本当に料理は手を抜けば手を抜くだけ、ゆとりの時間が生まれるので、赤ちゃんに対して今以上に優しくなれます。

一緒に子育て頑張っていきましょう!

 

わたしはあなたが頑張って子育てしているのを、陰ながら応援しています。

 

>>>夕食.netで料理時間を減らして、赤ちゃんとの時間を増やしましょう


記事が良かったらシェアしてもらえると嬉しいです^^